古い物件にもお宝はある

古い物件にもお宝はある

物件データ

空室状況
所在地
交通
賃料 管理費等
敷金 礼金
間取り 専有面積
築年月 構造
その他

以前、別のコラムで書いた「心と身体に優しいお部屋探しの手順」の中で、優先順位をしっかり決める事をおすすめしたのですが、みなさんの中には築年数が浅い物件を重要ポイントにしてる方も多いのではないでしょうか。

 

築年数が浅い物件は、綺麗で設備も充実しているので、特に女性は築浅物件に限定して探す割合が多いかもしれませんね。

 

ですが、ここで私がお伝えしたいのは「築年数が古くても中にはお宝物件がありますよ♡」というお話。

 

まずは、この画像をご覧ください。

この物件は築30年以上経っているお部屋になります。

 

大家さんが物件を大切にされているのが伝わってきます。元々はリビングとダイニングが分かれていたものをLDKに改装。床は人気の白いフローリング に変更され、壁紙も綺麗に張り替えられて全体的に明るい雰囲気。

 

築年数の古い物件は、立地や日当たりが良かったり、家賃も比較的安く設定されている場合も多いので最初から除外するのは勿体無いなー。と私は思います。

 

新しいお部屋と違って、クローゼットではなく押し入れタイプだったり、所々で古さを感じたとしても「あ、なんかいいな。」そんな風に思えるお部屋に出会えたら、それも一つの素敵なご縁。

 

中々良い物件が見つからない時は、築浅物件の条件を一度外してみる事をおすすめします。

 

 

 

 

 

 

物件データ